2009年 

ロペ・デ・ベガ作『フエンテ・オベフーナ』

役:ラウレンシア​

ダイジェストスペイン招聘  

アルマグロ古典演劇祭 オルメド国際古典演劇祭

2010年 

ロルカ作『五年経ったら』

役:タイピスト

2009年 

ロペ・デ・ベガ作『フエンテ・オベフーナ』

役:ラウレンシア​

スペイン招聘  

アルマグロ古典演劇祭 オルメド国際古典演劇祭

2011年 

ジョバンニ・ボカッチョ作『デカメロン』から

『エウフェミア』役:エウフェミア

『寝取られて大満足』役:ベアトリス

クセックとの出会いはウェブの一枚のチラシでした。古代アッシリアを調べていてリンクしたのでした。

アラバール作『アッシリア皇帝と建築家』

チラシのアートワークに驚きました。燻銀の深皿に血のような赤いスープ。その中に上顎

の骨が入っている強烈な写真でした。

後で聞いたのですが、言われなければ気づかない程小さいフィギアが眼窩に乗っているのです。​グロテスクなユーモアは理性の支配を退けて、夢や幻想といった非合理な潜在意識にあるのです。

幼い頃からずっと美術に強い関心を抱いてきました。

俳優という職業はファインアートに近いと思っていましたが殆ど違いました。

クセックは動く絵画と評され、シュールな作品を30年以上作り続けてきました。

演出家の神宮寺啓氏、翻訳の田尻陽一氏、俳優の榊原忠美氏の三位一体が中核となって、スペインの脚本以外の劇はしません。

表現はまず何よりも高度に滑稽的な不協和の不合理。

クセックは独特の発声法をします。それは、地を這うような声です。

演技表現は、極端な感情過多でリアリズムをぶち壊わします。

写実しか知らない私は一言発する毎に三年間「違う」と言われ続けました。

 

でも、リアリズム一辺倒で窒息していた私の駆け込み寺がクセックだったのです。

​コスメティック

​kimié

肌を知る

​KNOW ABOUT SKIN

Art promotion

1107-0052

東京都港区赤坂9-6-23 赤坂葵ビル602

TEL 03 5775 1062 FAX 03 5775 1063

ヘルシーフードhealthy food

  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーTwitterのアイコン
  • グレーG +アイコン
  • グレーのYouTubeアイコン
  • グレーPinterestのアイコン
  • グレーInstagramのアイコン

© kimie-shingyoji - ALL RIGHTS RESERVED